子育てのこと

ビリギャル流 不可能を可能にする5つのコツ

こんにちは。先日、ご縁あって「ビリギャル」小林さやかさんの講演会を聞かせていただいてきました。何年か前にヒットした本や、2015年に映画化されたこともあり興味を持っていたところ、富山で講演会をされると聞いて行ってきました!
とってもパワフルで気さくな小林さん。お聞きしたお話、私と同じく子育て中のママ・パパにぜひ知ってもらいたいなぁと思い、少し紹介させていただきます。

ビリギャル 小林さやかさんとは?

書籍『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』、
映画『ビリギャル』のモデルとなった小林さん。

公式サイトの紹介によると・・・

中学、高校で学年ビリを経験し、高2の夏に小学4年レベルの学力しかなかった。素行不良を理由に何度も停学になり、学校の校長に「人間のクズ」と呼ばれたことも。高2の夏の坪田先生との出会いを機に、日本最難関レベルの私大、慶應義塾大学の現役合格を目指すことになる。結果、1年で偏差値を40上げて、複数の難関大学のほか、慶應義塾大学に現役で合格を果たす。現在は、ウェディングプランナーとして活躍する。

引用:ビリギャル公式サイト

慶応義塾大学卒業後、大手ブライダル会社に就職した小林さん。

2018年9月現在、30歳となられる小林さんは自身の経験を活かし、
フリーランスで全国で教育に関する講演活動やイベントを行ったり、
札幌新陽高校という高校でインターンをされたりと幅広く活躍されています。

難関大学合格だけでなく、
社会人になってからも、
普通なら「無理だろ~!」っていうことにも挑戦して、
成し遂げていっていらっしゃる様子がうかがえます。
2017年10月には親子イベント「渋谷ママ大学」を開催するため、
クラウドファンディングで385万円もの資金を集められたことも。

ビリギャル流 不可能を可能にする5つのコツ

そんな小林さん直伝の、不可能を可能にする5つのコツ。

ここだけじゃ伝わらないこともあるかもしれないけど・・・
ちょっと読んでみてくださいね。

その① ワクワクする目標を設定しよう

目標は誰かに「やれ」と言われて決めるものではありません。
小林さんの恩師坪田先生は、
心理学を用いた指導法をとっており、
生徒の目標を設定するときは
「この子は何にワクワクするか」
を面談で見極めて、
一緒に設定してあげていたそうです。

ちなみに小林さんが慶応大学に目標設定したのは、
「嵐の櫻井君の出身校だから」。

自分で目標を設定して、達成することは、
これからの時代に絶対必要な力。

まずは大人が自分の「ワクワクする目標」を設定して、
楽しんで達成してみましょう。

子どもは「お母さんみたいになれるには?」って考えるようになるそうですよ。

その② 根拠のない自信を持とう

何かに挑戦して、うまくいったとき、
周りの人の評価って上がりますよね。

じゃあ、うまくいかなかったら?

周りの人が評価してくれるのは、「結果」だけ。

そこに至るまでにその人がどんな努力をしてきたか、
それを知っているのって、自分だけ
ですよね。

周りの評価に振り回されないで。

「やったら楽しそうじゃない?」

そんな気持ちで、
ワクワクする目標達成に向けて努力をしたかどうかが、
自分の自信につながるんですね。

その③ 具体的な計画を立てよう

ものごとは、
ずーっと上り調子でうまくいくわけではありません。

最初はちょっとずつうまくできるようになり、
ぐんと成長する時期があり、
そこからしばらくは伸び悩んだり、
逆にうまくいかなくなったり、
いわゆるスランプの時期があり、
それを乗り越えると、目標達成に近づいていくんですよね。

スランプの時期にあきらめてやめてしまうと
それ以上上がることは絶対ない。

最初からそれを知って、
じゃあどうすれば達成できるのか?を
具体的な計画として落とし込んでおけば、
スランプが来ても受け入れて、
次に進むことができそうですよね。

やみくもにやるより、
いつ、何を、どうやってやるか、
計画ってやっぱり大事です。

計画を立てたらあとは実行するのみ!

その④ 目標や夢を公言しよう

目標や夢を公言することの効果は二つ。

  1. 自己成就予言
    意識的、無意識的に
    自己の予言や主観的期待に副うような
    結果を生じさせる行動をとったために、
    自己の予言や期待通りの結果が出現する現象
  2. ピグマリオン効果
    期待を込めれば人は伸びる、という効果

「私はこうなりたい」
「こんなことをする」
ということを周りの人にどんどん伝えましょう!

例えば、「ダイエットする!」というのを
誰かに言うのと言わないのとでは、
どちらが成功しやすいでしょう?

「人は思ったとおりになる」という言葉もありますよね。

自分の夢や目標、
恥ずかしがらずに人に伝えることも、
効果があるんですね。

その⑤ 憎しみをプラスの力に変えるべし

小林さんが
「慶応大学に受かるために塾に行きたい」
とお父さんに話したとき、
お父さんは、
「お前の塾代を出すなんて、お金をドブに捨てるようなもんだ!絶対出さん!」
って言われたそうです。

その頃、家庭内の仲が悪く、
お父さんが嫌いだった小林さん。

お父さんのこの態度に奮起し、
がんばる力になったそうです。

憎しみって人間の感情で一番強いものだそうです。

「見てろよ~!!!」って思えたら、
それはきっとものすごいパワーになります。

まとめ ワクワクする目標を持って楽しんで達成しよう!

大人になると、
「あ、これおもしろそう」
「やってみよう」と思っても、
「無理だよね」って決めつけてしまったり、
あきらめてしまったり、
そういうのがクセになっていることありませんか?

できないこともあるかもしれないけど、
目標達成のためにした努力は
決して無駄になるものではないし、
ほんとに達成できることだってあるはずです。

大人があきらめモードだったら、
子どもにいくら「やりなさい」って言っても
やるわけないですよね。

そもそも、「やりなさい」って命令しても、
子どもは絶対やらないですが…

命令されてやったことは身につかないし、
楽しくない。

子育て中のママ、パパ、
まずは自分がワクワクする目標を持って、
「やればできるじゃん!」を体験してみませんか?!

キラキラしているママ、パパを見て、
子どもさんたちも
「そんなふうになりたい」って
思ってくれますように。