マネー情報

家計スリム化計画に格安スマホがおすすめ!携帯代金は100万円以上お得に

こんにちは。富山のママのための保険屋さんおざきです。家計を節約するために格安スマホを検討している方、多いのではないでしょうか?今日は格安スマホの節約効果や気になる疑問を解決していきます!

そもそも、格安スマホってどんなもの?

格安スマホとは、「格安SIM」を通信機器に入れることで使える通信回線。大手通信会社の一部の通信回線を借りてより安い料金で提供している事業者を「MVNO」といい、MVNO経由で通信回線を利用しているスマホを「格安スマホ」といいます。

通信費はいくらくらいお得になる?

おざきさんは2年くらい前に大手通信会社から楽天モバイルに変更しました。ここ半年の請求額はこちらです。

請求年月 請求額(税込)
2018年5月 3,593
2018年4月 4,197
2018年3月 3,914
2018年2月 4,047
2018年1月 3,944
2017年12月 4,282

仕事でちょくちょく電話を使いますが、それでもこの金額!大手通信会社を使っていた時はやっぱり月10000円くらいかかっていました。

家計を節約するポイントって聞いたことありますか?

すぐに思いつくのは食費や日用品にかかるお金や趣味・娯楽にかけるお金を節約することですが、強い意志が必要な割に、実は効果が薄いともいわれています。我慢した反動で衝動買いしてしまうことも。ダイエットのリバウンドと似ている気がします。

それに対して一度取り組めばストレスなく効果が長続きするのが固定費を減らすこと。家計で大きな固定費は住居費・通信費・教育費(習い事の月謝など)・自動車にかかるお金です。

例えばスマホにかかるお金が夫婦で月1万円安くなれば、1年で10万、10年ではなんと100万円にもなるんですよ!

格安スマホのメリットとデメリット

格安スマホのメリット

通信費が安くなる

一番のメリットはこれですよね。月額料金は高速通信のデータ容量にもよりますが2000円くらいから。家にWi-fiがあれば大容量で契約しなくても快適に使えるので、あまり高いプランの契約をしなくてもいいと思います。

契約期間の縛りがない会社も

大手通信会社を今すぐ切り替えられない理由に「2年縛り」がありますね。これは、契約更新月のタイミングでないと、解約する際に違約金がかかるというもの。1万円ほどかかるところが多いです。

格安スマホではこの契約期間が最低1年だったり、なんと契約期間に縛りのない会社も!短いスパンでスマホの契約を見直したいという方には嬉しいですよね。

ただし、電話番号そのままで次の通信会社に移行したい場合はMNP手数料がかかりますので、こちらは各社のHPなどで確認を。

インターネットで手続きできる

インターネットに慣れている方にとっては、わざわざ店舗に出向かなくても手続きができるのはとってもらくちん!会社にもよりますが、契約から利用中のプラン変更、解約まで、必要な手続きはほとんどインターネットで行うことができます。

格安スマホのデメリット

キャリアメールが使えない

大手通信会社で使えた「@docomo.ne.jp」などのキャリアメールが使えなくなります。格安スマホでも会社によっては使えるところもありますが、ない会社もありますのでその場合は別のメールアドレスを取得する必要があります。

おざきさんはキャリアメールの代わりにgmailを使っています。スマホはもちろん、PC、iPadなど、通信機器ならログインするだけでどこでもメールが使えるので便利です。

最近はLINEの利用が多くなってきたのでそれほど不便には感じていないところです。

LINEの年齢認証ができない

LINEの年齢認証ができなくて困ったのは、ID検索ができないこと。LINEのIDを聞いたり教えたりしても検索にかからなくなります。LINE IDを交換したい人と出会ったときはその場で「ふるふる」や「QRコード」で追加しましょうね。

通信速度が遅い

格安スマホの通信は大手通信会社の回線を借りて利用しているので、通信速度が遅くなることがあります。特に平日の12:00~13:00頃はお昼休みにスマホを利用する方が多く、格安スマホでは一番通信速度が落ちる時間帯になります。ゲームや動画サービスをたくさん使いたい方にはちょっとネックかもしれません。

ほとんどの手続きを自分でする必要がある

格安スマホではコスト削減のため実店舗のない会社が多いです。プラン変更、故障の対応なども自分でインターネットや電話で連絡して手続きする必要があります。手続きにサポートがあったほうがいいという方には不向きかもしれません。

通話をたくさんする人はあまり節約効果が期待できないことも

大手通信会社の場合、たいてい電話のかけ放題がセットになっていますが、格安スマホではオプションで設定するか、つけない場合は20円/30秒の通話料金がかかります。メールやインターネットより通話が多いという方はあまり節約効果がなかったり、逆に高くなってしまうこともあります。

安いだけでなくいろんなメリットとデメリットがある格安スマホ。大手通信会社も含めて、自分に合ったサービスを利用しましょう。スマホの使い方を見直すいい機会になるかもしれませんよ

格安スマホを使うには?

格安スマホを使ってみたい!そう思ったらどんな手順で手続きしたらいいのでしょうか?

  1. 各社のサービスを比較・検討。自分に合った通信会社を選ぶ。
  2. 使いたい通信会社・プランが手持ちの端末で利用できるか確認。使えない場合は格安スマホの通信会社で提供している端末を購入することもできます。
  3. <今契約している会社の電話番号をそのまま使いたい方>MNP予約番号を取得。電話や店頭で受け付けています。
  4. 格安SIMの申し込み。インターネット、店舗がある会社は店舗で購入ができます。インターネットで申し込んだ場合は手続き完了からSIMが届くまでの2~3日スマホが使えなくなります。(※マイネオは即時開通できます)
  5. 届いたSIMをスマホに挿入。説明書などの通りに設定すれば無事手続き完了です!

☆おまけ☆

ただいまマイネオでは紹介キャンペーン実施中です。

記事を読んで興味を持っていただいた方はこちらからお申し込みをされると①「Amazonギフト券(ギフト券番号)1,000円分」または特典②「EJOICAセレクトギフト(EJOICAセレクトギフトID)1,000円分」のプレゼントがあります。

良かったらご利用くださいね。

紹介ページ