子どもの教育費

子どもの教育費って、いくらかかる?どう準備する?

こんにちは。富山のママのための保険屋さんおざきです。今日は気になる教育費についてのお話です。

1.子どもの教育費、いったいいくらかかる?

子ども一人にかかる教育費は幼稚園・保育園から大学までオール国公立でも1,000万円(大学に自宅から通った場合)、県外の私立大学(理系)に通うと1,500万円かかると言われています。

高校までの学習費

区分 幼稚園 小学校 中学校 高等学校(全日制)
公立 私立 公立 私立 公立 私立 公立 私立
年間 23万 48万 32万 152万 48万 132万 45万 104万
合計 70万 144万 193万 916万 144万 398万 135万 312万

平成28年度 文部科学省 子供の学習費調査より。千円以下四捨五入。

合計は小学校6年間、他3年間(実際のデータにもとづく数値のため、1年間の学習費×在学年数とは異なります)

大学の学習費

区分 国公立 私立文系 私立理系
自宅 自宅外 自宅 自宅外 自宅 自宅外
 入学費用 80万 96万 120万
 在学費用(年間) 101万 150万 190万
 自宅外通学準備費 42万 42万 42万
 仕送り(年間) 93万 93万 93万
合計(4年間) 485万 900万 696万 1100万 880万 1300万

平成28年度 日本政策金融公庫 教育費負担の実態調査より。

入学費用・自宅外通学準備費は初年度のみ。入学費用には受験費用を含みます。自宅外通学準備費にはアパート代等を含みます。

うわー、直視するとクラっとしそうです。県外の大学を出させてくれた親に感謝・・・。さて、自分の子どもの教育費はどう準備したらいいでしょうか?

2.効率よく教育費を貯蓄するには?!

低金利が続く今、同じ金額を貯蓄するならなるべく効率よく貯めたいですよね。ここでは、大学進学資金を効率よく貯めるポイントをお話します。ポイントは3つです。

  1. 貯蓄額の目標設定をする
  2. なるべく早くスタートする
  3. 自分に合った貯蓄・運用方法を選ぶ

2-1.貯蓄額の目標設定をする

「大学進学」と一言で言っても、上で見たように国公立か・私立か、自宅通学か・下宿かなど、進路によってかかる費用は大きく変わります。目安としては、子ども一人当たり300万円~500万円を目標に。

300万円用意できていれば、例えば自宅通学の国公立に進学した場合、毎月の教育費負担は485万-300万÷4年÷12ヶ月=約3万8,000円となります。

同じように計算した場合、自宅通学の私立文系で月あたりの負担額は約8万円。このくらいなら、子どもに少しアルバイトをしてもらえばなんとかなりそうです。

あとはこの金額をいつまでに貯めるかで毎月の貯蓄額を設定します。例えば15歳までに300万円を貯めよう!と決めたら、1ヶ月の貯蓄額は、300万÷15年÷12=16,700円。もし途中で貯蓄額が減って15歳までに達成できなかったとしても、なんとかあと3年で目標額に近づくよう修正することもできます。

貯蓄の基本はコツコツ長く!少しでも早く始めれば毎月の貯蓄負担も少なくできます。がんばりましょう!

2-2.なるべく早くスタートする

「貯金ができるのは子どもが小さいうちよ」って、聞いたことありませんか?できれば義務教育中に、できる限りの貯蓄をしておくのが安心です。

子どもが小さいうちであっても、習い事や住宅・ファミリーカーの購入、食費の増加など、支出はだんだん増えていきます。一度大きくした生活水準はなかなか下げられないもの。確実に貯めたい金額は少しでも早く、手取りから先取りで貯蓄する習慣をつけましょう!

高校生になると部活動や塾・予備校、お小遣いアップ、学校までのバス・電車での通学費など、支出が大きくなる要素が目白押しになってきます。受験の時期になると受験費用も重なり、この頃から家計が赤字になる家庭も多くなるようです。

そして注目すべきは中学生までもらえる児童手当

児童手当の金額(2018年4月現在)

区分 所得が所得制限額未満の方 所得が所得制限額以上の方
3歳未満 月額 15,000円 月額 5,000円
3歳から小学校修了前(第1子・第2子) 月額 10,000円
3歳から小学校修了前(第3子以降) 月額 15,000円
中学生 月額 10,000円

児童手当を使わずに別口座に貯めておくだけでも、15年で約200万円貯まります!

児童手当は4ヶ月ごとにまとめてもらるので、おざき家ではこれを子ども名義の口座に入れることにしています。ホントはなるべくおろさないほうがいいのですが、習い事の教材費などで出費が増えるとき以外は極力手をつけないように。ただいま上の子が小6ですが、通帳の残高を見て貯蓄モチベーションをアップしています(笑)。

貯蓄は習慣です。少しでも早いうちから無理のない金額で積み立てていくのが、教育費を貯めるためには一番大切なことですね。

2-3.自分に合った貯蓄・運用方法を選ぶ

さあ貯蓄をしよう!と決めたはいいけど、どんな方法でしたらいいでしょうか?

大きく分けて「預金(貯金)」「保険」「投資・運用」の3タイプがあります。

  1. 預金(貯金)で貯めるタイプ 毎月同じ日に一定額を自動的に振替を行う積立預金(積立貯金)が便利です。お年玉など臨時収入を入金することもできます。どうしても足りない時に解約して現金化できる点はメリットでもあり、デメリットでもあります。また、金利が低いので「殖やす」という点では不向きです。子ども名義の口座を作って毎月入金するという方法も。どちらにしても、「安易に引き出さない」という堅い意志は必要です。
  2. 貯蓄型の保険で貯めるタイプ 代表的なものは学資保険。他に、終身保険外貨建て保険もよく利用されます。メリットは契約者(親)の死亡時に満期金や保険金が保障されている点。デメリットは、円建ての保険は学資保険・終身保険ともに利率が低く、元本割れすることもあること(特に、途中解約すると解約返戻金がかなり少なくなることが多いです)、外貨建て保険は利率は高いが為替リスクや手数料があること。預貯金と並行して利用するのがおすすめです。
  3. 投資信託などで運用するタイプ NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAなど税制面でのメリットのある運用方法がおすすめです。また、運用が良ければリターンを期待することができます。デメリットは元本割れのリスク。ですが、教育費を貯める期間は十数年と長期になります。長期分散投資をすることでリスクを軽減することができますし、最近ではロボアドなどのツールも登場し、個人が投資に取り組みやすくなってきています。こちらも預貯金と並行して利用することで貯蓄効率をアップすることができます。
要点まとめ

教育費の貯蓄に近道なし!コツコツ長くが一番です。預貯金と並行して保険や投資信託などを取り入れることで殖やすことも考えるのがおすすめ。